優勝者は世界で白黒ハッキリさせられる

印刷

   日本オセロ連盟は、「第33期オセロ名人戦」を、2012年3月3日(「女子の部」、「小学生以下の部」)、4日(「無差別の部」)に「すみだリバーサイドホール」(墨田区吾妻橋)で開催する。

日本のオセロ3大大会の1つ

「女子の部」の模様
「女子の部」の模様

   「オセロ名人戦」は、全日本オセロ選手権、オセロ王座戦と並ぶ、日本のオセロ3大大会の1 つで、1980年から開催されている伝統ある大会だ。2011年の「名人戦」は、5月29日に東京・ハートンホテル東品川で行われ、全国から154 人のトッププレイヤーが参加し、26歳の信川紘輝さんが優勝した。

   以前はオセロ連盟に所属していないと参加できなかったが、2012年からは誰でも参加できるようになった。「無差別の部」の優勝者は、秋にオランダで開催される予定の「第36回世界オセロ選手権大会」の日本代表として出場できる。

   申し込み締め切りは、2012年2月20日だが、両日とも当日受け付けでの参加が可能で、観戦およびオセロ連盟有段者からの指導は無料で受けられる。参加費は、「無差別の部」「女子の部」が6000 円、「小学生以下の部」が2000円(2月20日までに申し込むと1000円割り引き)。

   参加申し込みは、日本オセロ連盟のホームページ(http://www.othello.gr.jp/)から。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中