2018年 7月 17日 (火)

JAL子会社、2年ぶりに客室乗務員採用 

印刷

   日本航空(JAL)は、2010年1月19日の会社更生法適用から2年ぶりにグループ子会社2社で社員の採用を行う。

   採用を行うのは、JALエクスプレスとジェイエアで、いずれも職種は客室乗務員。採用人数は、JALエクスプレスが40人、ジェイエアが10人、合計で50人を予定している。はじめの3年間は、契約社員としての雇用で、その後3年以上経つと正社員への登用がある。

   親会社である日本航空(JAL)は、2013年度の採用を再開するかはまだ決めていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中