ダウンライトやブラケット、ペンダントでも光が広がる

印刷
配光角度300度を実現。従来のLED電球よりも光が広がる
配光角度300度を実現。従来のLED電球よりも光が広がる

   東芝ライテックは、「E‐CORE」(イー・コア)LED電球シリーズに、電球40W形相当の明るさ(昼白色600ルーメン、電球色485ルーメン)で、電球形蛍光ランプD形と同等寸法で配光角度300度を実現したLED電球「T形7.4W」(2機種)をラインアップ、2012年2月10日に発売する。

   「T形7.4W」は、光の広がりが300度と、従来のLED電球(120度)よりも光が大きく広がる。電球形蛍光ランプD形やT形の専用器具にも取り付けることができる(断熱材施工器具は除く)ほか、口金が横向きに取り付けられたダウンライトをはじめ、ブラケットやペンダントといった器具など、ランプ全体の明るさが必要な照明器具にも対応する。浴室灯などの密閉形の器具にも使える。

   電球形蛍光ランプD形やT形の器具は、コンパクトなランプサイズをいかした器具設計となることが多く、これまではE26口金の「一般電球形」LED電球では取り付けできない場合があった。

   定格寿命は4万時間。オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中