フォントも「クラウド」の時代に

印刷

   モリサワ(大阪市)は、クラウドフォントサービス「TypeSquare(タイプスクウェア)」を2012年2月22日に開始する。

   「クラウドフォント」は、インターネットを介してフォントを配信する技術で、ネット閲覧環境にインストールされていないフォントでもブラウザ上で表示可能になる。

   専用htmlタグを挿入してスタイルでフォントを指定するだけで利用でき、またサブセット化されたフォントが配信されるため、データサイズの増大を心配する必要がないという。サービス開始には、モリサワ書体のうち154書体を利用できる。配信上限ページビューごとに価格が違う複数のプランが提供される。

   また、サービス開始にともない、2012年2月22日から12月31日まで、「TypeSquare」をPVの上限なく無料で利用できるキャンペーンを実施する。詳細は2月22日にオープンするTypeSquareサイトで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中