2018年 7月 23日 (月)

「スカイツリー」拝める意外な穴場とは?

印刷

   東京臨海高速鉄道(路線愛称名りんかい線)は、電車の車窓から見られる「東京ゲートブリッジ」と「東京スカイツリー」の車窓スポットを、2012年2月9日にWEBサイト(http://www.twr.co.jp/about/3spot.html)で公開した。

晴れの日は房総半島も

りんかい線
りんかい線

   りんかい線は、新木場駅と大崎駅を結ぶ、お台場エリアを走る電車で、ほとんどの区間は地下走行だが、国際展示場駅~東雲駅間から地上に出て高架になる。サイトで紹介されているのは、東雲駅~新木場駅間の車窓スポット。

   東雲駅~新木場間は、東京ゲートブリッジと並行するように走っているので、大崎方面の電車に乗ると、東雲駅到着前の運河を越える際に東京ゲートブリッジの全景を見られるだけでなく、晴れている日は房総半島も視界に入る。

   2012年5月22日に開業予定の東京スカイツリーは、大崎方面から新木場行きの電車に乗ると進行方向左側にあり、駅間のあらゆるポイントからさまざまな東京スカイツリーが拝める。

   サイトでは、車窓スポットのほか、実際に車窓から撮影した写真も紹介されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中