iPadとスキャナが合体 電子化情報を一元管理

印刷

   キングジムは、iPadを接続して文書を手軽に電子化できるドッキングスキャナ「iスキャミル」を2012年2月17日に発売する。

操作法も簡単

デザインもおしゃれ
デザインもおしゃれ

   紙情報を電子化してiPadで一元管理することができる。方法は簡単で、スキャナ本体とiPadをDockコネクタで接続し、iPadから専用アプリを使ってスキャンするだけ。

   スキャナ本体は原稿をローラーに吸い込ませて読み取るシートフィード型で、読み込み寸法は、名刺や写真、A4判の書類など幅216mm×送り356mmまで対応している。本体の電源がOFFの時にiPadを接続すれば、iPadを充電することも可能だ。

   価格は1万5540円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中