2018年 5月 23日 (水)

花見・宴会にもってこいの「エンタメマイク」

印刷

   センチュリーは、米国WowWee社が開発した人気楽器おもちゃ「PaperJamz(ペーパージャムズ)」シリーズから「PaperJamz Pro Mic ~エンタメカラオケマイク~」を、2012年2月10日に発売した。価格は2980円。

30パターンのボイスチェンジ

「PaperJamz Pro Mic ~エンタメカラオケマイク~」
「PaperJamz Pro Mic ~エンタメカラオケマイク~」

   マイクから集音したボイスに多彩なエフェクト効果を加え、本体スピーカーやイヤホン端子から発声(出力)させるというユニークな機能を持ったボイスチェンジャーだ。

   基本エフェクト機能は5種類で「パーフェクトピッチ」「ビブラート」「コーラス」「ハーモニー」「メロディマッチ」があり、本体の前面のボタンを押すだけで切り替え可能なだけでなく、この5種類のエフェクトは組み合わせることもできるので、 組み合わせパターンは30パターンあり、さまざまなボイスチェンジが楽しめる。

はやりの「ひとカラ」も

   最大3曲分の音楽ファイル(MP3,M4A対応)を記憶可能で、記憶させた音楽ファイルは本体のソングボタンで一発再生したり、ソングにあわせてボイスエフェクトをつけても歌えたりするほか、オリジナル楽曲も収録されている。

   本体にはイヤフォン端子を搭載し、イヤフォンやヘッドホンをつなげば、自分のボイスの確認(モニター)や、ひとりカラオケを楽しめるだけでなく、カラオケ機器やアンプとの接続も可能で、迫力のある音量で再生曲とマイク音声が楽しめる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中