産業技術総研が「超小型」放射線積算線量計開発

印刷

   産業技術総合研究所は2012年2月13日、超小型の個人向け放射線積算線量計を開発したと発表した。

   大きさは、SDメモリーカード程度で、重量は10~20g程度。名刺ケースや衣服のポケットに忍ばせておくことができ、高線量を感知するとブザーや照明で知らせてくれる。

   連続して測定できる期間は6か月だが、それ以前のデータも専用の光通信アダプターを使ってパソコンから検索することが出来る。

   本体とアダプターそれぞれ5000円以下で市販も予定されているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中