2018年 7月 22日 (日)

放射能測定も「スマホ対応」に

印刷

   堀場製作所は、シンチレーション式では業界初となる、スマートフォンへの測定データ送信機能を付けた、空間線量を測る手のひらサイズの環境放射線測定モニター「ラディ」の新型「PA-1100」を2012年2月20日に発売する。価格は、14万8000円(税別)。

第三者とスムーズな情報共有

「PA-1100」
「PA-1100」

   10秒ごとの空間放射線量をスマートフォンに自動送信するので、専用アプリと連動させると、測定値とあわせて位置情報と日時を自動記録できる。ほぼリアルタイムに放射線量を数値やグラフで見ることが可能だ。本体の画面は、60秒ごとの平均値をもとに、1時間あたりの空間の放射線量を表示する。

   データファイルを電送すれば、第三者との情報共有が簡単にできるので、複数個所のデータ集計をモニタリングできる。

   大きさ68×28×121mm、重さ175g、測定範囲は0.001~19.99マイクロシーベルト/時、USB端子付き。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中