2018年 5月 24日 (木)

「マツダCX-5」で気持ちのいい走り

印刷

   マツダは、新型クロスオーバーSUV「マツダCX-5」を、2012年2月16日に全国発売した。メーカー希望小売価格は、205万円~319万円。

2つの新世代エンジン

新型マツダ CX-5「XD L Package」
新型マツダ CX-5「XD L Package」

   マツダの新世代技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」をガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、トランスミッション、ボディー、シャシーのすべてに初めて採用し、上質で気持ちのいい走りと、優れた燃費性能を両立させた。

   新型「CX-5」には、2つの新世代エンジンをラインアップされている。クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車は、高価なNOx後処理装置なしでポスト新長期規制に適合しながら、すべてのSUVの中でトップとなる18.6km/L(JC08モード)の優れた燃費性能と、最大トルク420N・mによる4.0L V8ガソリンエンジン車並みの力強い走りを両立している。また、高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車は、4-2-1排気システムを初採用し、16.0km/L(2WD車・JC08モード)の優れた燃費性能でありながら、クルマとの一体感が味わえるリニアで気持ちのよいパワーフィールを得られる。

乗員全員が快適に楽しく使える空間を実現

新型マツダ CX-5「XD L Package」
新型マツダ CX-5「XD L Package」

   室内空間は、あらゆるシーンで乗員全員が快適に楽しく使える空間を目指し、長い荷物を収納しても、後部座席に大人2人が快適に座れる4:2:4分割可倒式シートバック&カラクリフォールドを「XD(クロスディー) L Package」「XD」「20S」に標準装備している。

   安全性能では、新世代軽量高剛性ボディー「SKYACTIVボディ」を採用し、カーテン&フロントサイドエアバッグ、DSC&TCSを全車に標準装備した。また、ブレーキの自動制御で衝突被害の軽減を図る「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」を初採用するなど、先進技術を設定した(「XD L Package」は標準装備、「XD」「20S」はメーカーセットオプション)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中