杉村太蔵まさかの「監督宣言」 ゆうばり国際映画祭に意欲メラメラ

印刷

   夕張市で2012年2月23日~27日にかけて開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012」の記者発表会が15日、東京・秋葉原UDXシアターで行われ、「スカパー!映画部マネジャー」の福田萌さん、「スカパー!『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012』応援サポーター」杉村太蔵さんらが、映画や夕張への思いを語った。

復活5年目の映画祭

発表会には夕張市から「メロン熊」も登場。大きな口で、福田萌さんをガブリ
発表会には夕張市から「メロン熊」も登場。大きな口で、福田萌さんをガブリ

   夕張市の財政難により一時は休止を余儀なくされたゆうばり国際ファンタスティック映画祭だが、2008年に市民有志が中心となって復活し、今回で再開5度目を迎える。「スカパー!」では08年の復活から映画祭の特別協賛を続けており、今回も上映作から34作品をスカパー!で放映する。

   この日は2011年にグランプリを獲得したオ・ヨンドゥ監督の最新作「探偵ヨンゴン 義手の銃を持つ男」の試写会も催された。本作は同映画祭とスカパー!による制作支援作品で、オ監督によれば、「家で撮った前作より、10~15倍の予算で作ることができた」という。

「小泉首相もよく映画行っていた」

   この支援制度を聞いた杉村太蔵さんは、「(自分も)来年応募しよう」とがぜん意欲を見せる。ちなみに意外と国会議員も映画好きが多いそうで、「映画は無になれるから好き。小泉(純一郎)さんもよく行っていた」。一方で応援サポーターとして、「自分の議員在任中に夕張市は財政破綻した。そのとき果たせなかった支援をしたい」と真剣な表情も見せた。

   前回の映画祭にもゲスト参加した福田萌さんは、ジャガイモなど食べ物のおいしさにも感動したと夕張の魅力を語り、「映画が好きな人もそうでない人も楽しめるので、皆さんに足を運んでもらいたい」とアピールした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中