日本に今も残る「アナザーワールド」 関東各地で崇められる神の名は

印刷
日本に今も残る「アナザーワールド」 関東各地で崇められる神の名は
『オオカミの護符』(小倉美惠子・著)
新潮社

この現代に、しかも都会の真ん中で、オオカミ信仰が今も根付いていると聞いても、「ニホンオオカミって、あの絶滅した……まさか、ねえ」と思う方がほとんどでしょう。
ですが、世の中にはまだまだ「不思議」が残されているのです。

神奈川県川崎市宮前区土橋。かつては50世帯の村でしたが、今では7000世帯が住む一大ベットタウンへと変貌を遂げています。
その土橋で代々農業を営んできた著者の実家の古い土蔵に、無造作に貼られていた一枚の護符。そこに描かれていた、地元の人々が「オイヌさま」と呼ぶ獣の正体とは?
著者の護符への素朴な興味は、謎解きの旅となり、いつしかそれは関東甲信の山々へとたどり着きます。そこで目にしたのは、、今もオオカミを神と奉り、門外不出の祭事を守り続ける神秘の世界だったのです。

「戻りたい未来がこの本にある」内山節氏、推薦!
「今年一番の収穫!」成毛眞氏、絶賛!
「足元から世界は広がる」養老孟司氏、納得!

三氏にくわえて朝日新聞、毎日新聞などなど、全国紙でも続々と書評掲載、今注目の一冊です。
あなたのすぐ隣に広がっているアナザーワールドをぜひ覗いてみてください。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中