【Paris発】失業率9%超で近づく仏大統領選 カギは「自国製品購買」の動きか

印刷

   ユーロ危機の影響による国内経済の失速、米格付け会社S&P社による長期国債の格下げ、2011年には失業率が9%を超えるなど、フランス経済は混迷の様相を示している。

   今年5月の大統領選に向けて、各候補者が経済再建案を挙げているが、その中の一人、中道派のフランソワ・バイルー候補のスローガン『フランス製品を買おう』が消費者の自国製品購入ムーブメントと相まって、話題をよんでいる。

フランス人の66%が「経済活性化のため国産品を買いたい」

大統領候補のバイルー氏(photo:ABACA)
大統領候補のバイルー氏(photo:ABACA) フランス製品の紹介サイト
フランス製品の紹介サイト

   中道派政党、民主運動(MoDem)の党首フランソワ・バイルー氏は、前回2007年の大統領選の第一回選挙で3位につけ、今回も立候補を表明したのだが、その選挙スローガンが『フランス製品を買おう』。中国製品をはじめとする低価格輸入品の流入により、国産メーカーが倒産、または工場の海外移転で失業者が急激に増えている。雇用を守り、フランス経済の活性化を図るために"メイド・イン・フランス"を率先して買おう、という実に分かりやすい主張だ。

   調査機関l'Ifopが去年11月に行ったリサーチによれば、66%のフランス人が自国の経済活性化のために、「5~10%割高であっても、国産製品を優先的に買いたい」と答えているという。実際、"フランス製"紹介サイトなるものも、いくつか存在し、食品、コスメ、服や靴、おもちゃ、楽器など幅広い分野で、フランスの地方メーカーや、職人を紹介している。その草分け的存在のサイトMadine-Franceの創設者は、「2008年の立上げ当初は、国粋主義者扱いされたが、2010年頃から風向きが変わり、今では"フランス製"を買うことは、市民的行動の一つ、と捉えられている」と新聞のインタビューに答えていた。

産業グローバル化時代に、"フランス製"の定義は?

スーパーの青果コーナーでもフランス産の表示が目立つ
スーパーの青果コーナーでもフランス産の表示が目立つ

   ただ、"フランス製"と言っても、フランスのブランドで、アジアや旧東欧諸国で生産しているモノがたくさんあるし、生産は国内で行っても、原料は輸入品というモノもある。上記サイトにも、"商品の一部がフランス産ではない会社も紹介しています"との記述があり、"100%フランス製品だけを載せていたら、増える需要に応えられない"と説明している。

   また、去年5月に"フランス産保証"というラベルが登場したが、こちらも、「商品の持つ付加価値の少なくとも50%がフランス由来」、「商品の本質的な特徴がフランスで作り出されたものであること」と何やらあいまいな規定である。

   産業のグローバル化が進む今日、100%フランス製のモノは選択が限られてしまうし、さらに言えば、ルーマニアの工場で製造されるルノー車とフランス国内の工場で製造されるトヨタ車では、雇用創出を考えれば、後者を選んだ方がいいことになる。

   フランス経済にとって本当にプラスになる買い物とは? その選択に消費者は頭を悩ませるばかりだ。

江草由香

【プロフィル】
江草由香(えぐさ ゆか)
フリー・編集ライター。96年からパリ在住。ライターとして日本のメディアに寄稿しながら、パリ発日本語フリーペーパー『ビズ』http://www.bisoupfj.comの編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。趣味は映画観賞。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中