名家のお宝がずらり ホテルオークラ東京「名家の逸品 真朱の夜明け」展開催

印刷

   東日本大震災復興チャリティーイベント「第3回名家の逸品 真朱(まそほ)の夜明け」が2012年2月20日から2月26日までホテルオークラ東京・アスコットホール(東京・港区)で開催される。

徳川家のお雛様や伊達政宗直筆の手紙も

各御家の方々が一堂に会したオープニングセレモニーの様子
各御家の方々が一堂に会したオープニングセレモニーの様子

   出展する御家は、近衞家、徳川家、伊達家、観世家、蜂谷家、千總西村家、永樂家。

   誕生や祈り、出発を象徴する日本の赤色「真朱」をテーマに各御家に代々伝わる逸品を紹介している。

   徳川家からは15代将軍慶喜の孫、水戸徳川家13代当主圀順(くにゆき)の長女香川典子氏の「雛人形」、伊達家からは政宗公所用の陣羽織や直筆の書状など、普段は目にすることができない逸品を間近で見ることができる。

   本展覧会は、編集工学者の松岡正剛氏と染織史家の吉岡幸雄氏が企画協力。会場内の演出は和紙デザイナーの堀木エリ子氏が担当し、創作和紙を使った落ち着きのある空間をプロデュースしている。

   ホテルオークラ東京では、2010年から社会貢献の一環として、日本有数の名家に伝わる「逸品」を通して日本の文化を紹介することを目的に「名家の逸品」のチャリティーイベントを毎年開催。東日本大震災の発生から約1年の開催となる今回の収益金の一部は、復興支援のために寄付される。

   入場料(当日券)は、1300円。中学生以下無料。詳細は公式サイトで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中