2020年 8月 10日 (月)

思わず誰かに話したくなる 嗚呼「アカデミー賞」泣き笑い

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   第84回アカデミー賞の授賞式が2月26日(日本時間27日)に迫った。映画ファンが最も興奮する瞬間を間近に控え、映画の魅力と面白さを少し違った角度から紹介したい。(J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」https://books.j-cast.com/でも特集記事を公開中)

ハリウッドの裏話を満載

『ハリウッドを笑い飛ばせ! 映画が面白くなる業界ウラ話』
『ハリウッドを笑い飛ばせ! 映画が面白くなる業界ウラ話』

   映画は面白い。映画って最高だ。しかし、映画の裏話はもっと面白い。小学館集英社プロダクションから発売された『ハリウッドを笑い飛ばせ! 映画が面白くなる業界ウラ話』(監修・長土居政史、著・森マサフミ、1365円)は、ハリウッドで活躍する映画監督が監修者となり、ロサンゼルス在住の映像翻訳家の著者とともに現地で仕入れた業界の裏話を存分に紹介している。

   ハリウッドでは毎年300本以上の作品が生まれる。アカデミー賞受賞作品もあれば、大コケ作品もある。完成品として世に出るまでには、どの映画にも汗と涙のドラマが隠されている。思わず誰かに話したくなる失敗談やこぼれ話。そんな映画作りの舞台裏と内部事情を知れば、アカデミー賞の裏側も見えてくる。「実録!監督への道のり」として、ふつうの日本人がハリウッドで映画監督になるまでを描いた実録秘話も掲載。映画ファンから監督志望者まで映画に関心のあるすべての人におススメの1冊だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!