業界最速のデータ通信「SoftBank 4G」

印刷

   ソフトバンクモバイルは、業界最速となる下り最大110Mbpsの高速データ通信サービス「SoftBank 4G」を、2012年2月24日に提供開始する。

スマートフォンユーザー向けには月額3880円

ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI
ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI

   「SoftBank 4G」は、2.5GHz帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステム「XGP」を高度化させた「AXGP」を利用し、業界最速となる下り最大110Mbpsの 最高伝送速度を実現する、ソフトバンクモバイルの次世代の通信サービスだ。

   対応エリアは、2011年度末には札幌市、さいたま市、千葉市、東京23区、横浜市、川崎市、名古屋市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市および上記周辺都市、2012年度末には全国政令指定都市の人口カバー率を99%まで拡大する予定になっている。

   「SoftBank 4G」を利用できる料金プランは、「4Gデータし放題フラット」(月額5985円)だが、2012年4月30日までの「4G データ通信スタートキャンペーン」期間中に申し込むと、月額4980円で使い放題となる。また、スマートフォンやタブレット端末の利用者向けには、2012年4月30日までに契約すると月額3880円になる「スマホセット割」を実施する。

   また、対応端末として、「SoftBank 4G」と「ULTRA SPEED」の2つのエリアで下り最大76Mbpsの高速通信が可能なモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」(セイコーインスツル製)を、2012年2月24日に発売する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中