新型「ティグアン R-Line」のスタイリングに惚れたぜ!

印刷

   フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、人気コンパクトSUV「ティグアン」にスポーティーな専用パーツなどを装着したドレスアップモデル、新型「ティグアン R-Line」を追加し、2012年2月23日に発売した。全国希望小売価格は、426万円。

スポーツサスペンションと19インチアルミホイール

「ティグアン R-Line」
「ティグアン R-Line」

   フォルクスワーゲン初のコンパクトSUVとして登場した「ティグアン」は、2008年9月の国内導入以来、SUV独特の高い着座位置による運転のしやすさと、四輪駆動車としての高い悪路走破力、走行安定性に加え、充実した装備、高い品質、競争力のある価格などが評価され、幅広いユーザーに支持されている。

   「ティグアン R-Line」は、「ゴルフ R」や「シロッコ R」に代表されるフォルクスワーゲン スポーツ モデルの頂点に立つ「R」シリーズの系譜を受け継いだドレスアップモデルとして2009年10月に登場したものだが、今回、国内導入された新型「ティグアン R-Line」には、新型「ティグアン」と同じ水平・直線基調による最新のフォルクスワーゲン デザインが採用されている。「R-Line」専用装備としては、スポーツサスペンションと19インチアルミホイールに加え、専用の大型フロントバンパーとフロントグリルに付く「R-Line」のエンブレム、ボディー同色のサイドスカート、そしてリヤにも大型バンパー、リヤスポイラーを装備するなどスポーティーな外観に仕上がっている。

洗練された都会的なイメージをアピール

   インテリアには「R-Line」のロゴをあしらったブラックとグレーの2色の専用ファブリックシートやレザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール、ドアシルプレートを装備するなど、さまざまな「R-Line」専用アイテムで、さらに洗練された都会的なイメージをアピールしている。

   エンジンは、新型「ティグアン」と同じ、132kW(179ps)の2.0 リッター「TSI」エンジンを搭載し、7速DSGを採用し、10・15 モード燃費は11.6km/Lだ。

   ボディーカラーは、人気のキャンディホワイトとディープブラックパールエフェクトの2種類。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中