2018年 7月 17日 (火)

「最強の馬主王」を目指してみないか?

印刷

   バンダイは、オンラインカードゲーム「ネットカードダス」の新タイトル、「オーナーズホース」を2012年5月上旬から発売する。

人気のネットカードダス

ネットカードダス「オーナーズホース」(カード3枚1セットで315円)
写真左から 競走馬カード/ゲーム画面 (C)BANDAI 2012
ネットカードダス「オーナーズホース」(カード3枚1セットで315円) 写真左から 競走馬カード/ゲーム画面 (C)BANDAI 2012

   「ネットカードダス」シリーズは、パソコンと携帯電話からアクセス可能なオンラインカードゲーム。2010年からサービス開始している「プロ野球 オーナーズリーグ」は、ゲームの手軽さや「自分だけの球団」が作れる楽しさが人気になり、2011年12月末時点で累計販売数が8250万枚以上を突破するヒット商品になっている。

コミュニティー要素も充実

   今回発売するネットカードダス「オーナーズホース」は、現役及び引退した競走馬や騎手のカードを集めて、最強の馬主王を目指すゲームで、カードを登録して入厩させると自動でさまざまなレースに出走し、全国の馬主たちとレースで競い合い、1シーズンの獲得賞金総額で決まる馬主ランキングの頂点を目指すというもの。難しい操作や競馬の知識も必要なく、白熱のレースを誰でも手軽に楽しめるのが特徴だ。

   また、個人での賞金争いと共に、友達同士で楽しむコミュニティー要素も充実している。ゲーム内で他ユーザーとフレンドになることで、同じレースに出走して楽しむことができ、さらに、友達同士で「馬主会」を組み、チームを結成して遊ぶことも可能だ。

   価格は自販機ブースター(2枚1セット)200円、ブースターパック(3枚1セット)315円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中