2018年 5月 22日 (火)

iPhoneで演奏を録音、データはクラウドで共有

印刷

   ヤマハは、iPod touch/iPhone /iPadで演奏の録音や共有ができるアプリ「Cloud Audio Recorder」の提供を2012年2月27日に始めた。

データのノーマライズやトリミングも簡単

ヤマハ iOSアプリケーション「Cloud Audio Recorder」
ヤマハ iOSアプリケーション「Cloud Audio Recorder」

   iPod touch / iPhone / iPadの内蔵マイクを使って、楽器の演奏音や環境音などを1ファイルあたり最大30分までの録音ができるアプリで、録音データは44.1kHz/16bitのWAV形式で保存される。データのノーマライズやトリミングなどが簡単に行えるほか、他のアプリケーションへコピー&ペーストにも対応する。

   また、SoundCloudに接続して、録音データのアップロードや、アップロードされている録音データのダウンロード、ユーザー同士でデータの共有ができる。

   同時に、ヤマハシンセサイザー「MOTIF XF」とWi-Fi経由で接続して「MOTIF XF」のサウンドを録音したり、「MOTIF XF」から再生したりできるアプリケーション「Cloud Audio Recorder for MOTIF XF」も販売している。

   価格はいずれも170円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中