桜がふわりと香る「スパークリングワイン」

印刷

   ぺルノ・リカール・ジャパンは、「カフェ・ド・パリ ブラン・ド・フルーツ桜の香り」の出荷を2012年3月9日から始める。

天然の桜から香りを抽出

「カフェ・ド・パリ ブラン・ド・フルーツ 桜の香り」
「カフェ・ド・パリ ブラン・ド・フルーツ 桜の香り」

   「カフェ・ド・パリ」は、豊富なバリエーションと季節ごとの限定フレーバーをそろえたフランス産スパークリングワインで、毎年春に限定品の「カフェ・ド・パリ 桜の香り」を販売している。今回、桜の香りをより一層感じられるように味のリニューアルを行い、日本人の味覚に合う控えめな程よい甘さと、さわやかな酸味を追求した。ソヴィニョン、シャルドネなど6種類のフランス産白ぶどうを使用した高品質な白ワインをベースに、天然の桜から抽出した香り成分を配合しており、低アルコールで飲みやすく繊細な泡立ちと軽い口当たりが特徴だ。

   イラストレーターの永宮陽子(YOCO)さんが担当したパッケージには、パリジェンヌが桜の花に囲まれて「カフェ・ド・パリ」を飲んでいる様子が描かれている。

   アルコール度数は6.5%。実勢価格は1480円程度。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中