「AAレンズ」で世界最小最軽量「DSC-WX100」など、サイバーショットから新たに6機種

印刷

   ソニーは、「AAレンズ」(Advanced Aspherical、薄型非球面レンズ)を採用した新開発10倍ズームレンズにより、薄型ボディーと高倍率ズームを両立し、世界最小・最軽量を実現した「DSC-WX100」をはじめ、同「AAレンズ」を用い、光学20倍ズームを実現した「DSC-HX30V」、光学30倍のカールツァイス「バリオ・ゾナーT」を搭載したフラッグシップ「DSC-HX200V」、光学16倍ズームの「DSC-HX10V」の高倍率ズームモデル計4機種と、薄型のTXシリーズ2機種の計6機種を、2012年3月9日から順次発売する。価格はオープンだが、市場推定価格は3万円~5万円前後とみられる。

望遠撮影も解像感そのままに

「DSC-WX100」
「DSC-WX100」

   高倍率ズームモデル「DSC-WX100」「DSC-HX30V」「DSC-HX200V」「DSC-HX10V」は、光学10倍から30倍までの光学ズームレンズをそれぞれ搭載しているほか、「全画素超解像」技術により、解像感を保ったまま光学ズームの2倍の望遠撮影が楽しめる。また、新開発のジャイロセンサーを搭載し、手ブレを高精度に検知・補正すると同時に、望遠撮影時のAFの高速化も実現しているので、ズーム撮影時でもシャッターチャンスを逃さず、手ブレを抑えて撮影可能だ。

世界最薄12.2㎜のCMOSセンサーを搭載「DSC-TX66」

「DSC-TX20」
「DSC-TX20」

   有効1820万画素裏面照射型「Exmor R」CMOSセンサー、画像処理エンジン「BIONZ」を搭載し、高画質を実現しただけでなく、明るい場所では、最速約0.13秒、暗所では最速約0.20秒の高速AFを実現し、暗いところでも素早くピントをあわせられる。進化したプレミアムおまかせオートでは、ノイズ低減技術を結集し、従来比約1/6の低ノイズで、ISO12800相当の高感度撮影を実現した。これにより、従来撮影が困難であった暗いシーンでもフラッシュなしで、明るく、ノイズを抑えた撮影が自動で楽しめる。

   また、薄型モデル「DSC-TX66」は、世界最薄12.2㎜の有効約1820万画素「Exmor R」CMOSセンサーを搭載したスタイリッシュモデル、「DSC-TX20」は、防水・防塵、耐衝撃、低温性能を実現したアクティブモデルとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中