スクリーンの向こうを操る、ソニーの新しいエンタテインメント実験

印刷

   ソニーは、「豊かな想像を現実に結びつける」という企業姿勢を表現したソニーグループのブランドメッセージ「make.believe(メイク・ドット・ビリーブ)」を具現化する取り組みの1つとして「ものがたりをつくろう」キャンペーンを本格稼動している。

3月6日にはテレビのライブ番組で実験

dotswitch公式サイト
dotswitch公式サイト

   キャンペーンの第1段階として「DOT SWITCH」公式サイトを2012年2月21日から公開しており、スクリーンの向こう側をコントロールする、新しいエンタテインメントの実験をしている。スマートフォン、タブレット、PCなどマルチスクリーンを用いて、新しいものがたりをつくるエンタテインメント体験ができるというもので、Android対応のタブレット・スマートフォンにダウンロードした「DOT SWITCH」のアプリを操作すると、サイト内に用意されたスクリーンの向こう側のさまざまな仕掛けをコントロールできる。

   2012年3月6日の深夜0時55分には、TBSテレビで「DOT SWITCH」アプリを活用した特別ライブ番組「MAKE TV(メイク ティービー)」が放映され、同番組には、初来日となるソニー・ミュージック所属のポップ・デュオ KARMIN(カーミン)が登場する。視聴者は、「DOT SWITCH」アプリを操作してライブ番組の中の仕掛けをコントロールし、KARMINと「インタラクティブ・ライブ・ミュージックビデオ」を制作することができる。

   「MAKE TV」放映2日前となる3月4日の20時からは、「MAKE TV」の公式リハーサルが行われる。リハーサルへの参加には「DOT SWITCH」アプリが必要だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中