2018年 7月 23日 (月)

東京・丸の内に全長12メートル「巨大肉食恐竜」

印刷
アクロカントサウルス・アトケンシスの骨格
アクロカントサウルス・アトケンシスの骨格

   世界3大恐竜博物館のひとつといわれる福井恐竜博物館は、「大恐竜展 in 丸の内 2012 ~福井県恐竜博物館コレクション~」を丸ビル1階マルキューブと丸の内オアゾ1階OO広場で2012年3月21日~29日に開催する。

   大型獣脚類でティラノサウルスと並び肉食恐竜最大だという、全長約12mのアクロカントサウルス・アトケンシスの骨格が登場するほか、首都圏初公開となる福井県で発見されたフクイサウルスの動刻など、多数の恐竜が展示される。

   また、期間中は毎日200人にオリジナルエコバックが当たるスタンプラリーを実施する。入場料は無料。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中