2018年 7月 17日 (火)

残しておきたいドライブ映像、カンタン録画

印刷

   サンコーは、GPSと加速度センサーを内蔵した液晶モニター搭載の2カメラドライブレコーダー「GPS内蔵デュアルレンズドライブレコーダー」を、2012年3月8日に発売した。価格は、1万2800円。

エンジンONで自動録画

「GPS内蔵デュアルレンズドライブレコーダー」
「GPS内蔵デュアルレンズドライブレコーダー」

   前後に2個のカメラを搭載している「GPS内蔵デュアルレンズドライブレコーダー」は、エンジンONで自動的に撮影を開始し、エンジンを切ると自動的に撮影を停止し本体の電源も切れる。GPS センサーを搭載しているので、走行した場所をGoogleマップで確認したり、XML形式書き出しで、速度・高度プロファイルも保存したりできる。任意の映像をJPEG、 AVI形式で書き出すことも可能だ。

   撮影時の映像は、1ファイルが数分ごとに保存され、カード容量が一杯になったら自動的に最初の動画ファイルが上書きされる仕組みになっているが、本体に搭載された加速度センサーが大きな振動やショックを感知した動画ファイルは、ロックがかかり上書きされない機能がついている。

   設置は簡単で、本体はフロントガラスに吸盤で、GPSセンサーはダッシュボードに取り付け、あとはmicroSDカードを装着し、シガーソケットから電源を取ればOKだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中