キヤノンからプロ向け「PIXUS」最上位モデル

印刷

   キヤノンは、インクジェットプリンター「PIXUS(ピクサス)」から、A3ノビ対応のプロフェッショナル向け最上位モデル「PIXUS PRO-1」を、2012年6月に発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は12万8000円前後。

12色の新インクとOIG Systemが実現する高画質

「PIXUS PRO-1」
「PIXUS PRO-1」

   12色の新インクで色域が大幅に向上し、色鮮やかで立体感・奥行き感のある画像がプリントでき、5色の黒系インクを打ち分けることで、暗部の濃淡の微妙な違いをより鮮明で滑らかに表現できる。新たに採用したクロマオプティマイザーをインクの上から打つことで、プリント表面の段差を低減して均一な光沢感が出せるようになったほか、表面に反射する光量を抑え、黒濃度が向上した。

   また、適正なインクの組み合わせとインク滴の配置を選択する「OIG System(オーアイジーシステム)」を採用し、高画質写真プリントへの高いニーズに対応している。

従来比約2.5倍の大容量インクタンク

インクタンク
インクタンク

   従来機種と比べ約2.5倍の大容量インクタンクを搭載したことでインクの交換回数が減少。また、チューブ供給方式のオフキャリッジインクタンクシステムの採用や、ノズル数を従来の7680ノズルから1万2288ノズルへと大幅に増加させた新プリントヘッドを搭載したことで、A3ノビフチありカラー印刷が、従来機種に比べ約1.8倍の約4分20秒と高速化した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中