「大震災」から1年たった今なにができるか? 冨田 晃の答えは『いのり』

印刷
『いのり』
『いのり』

冨田晃
『いのり』
OMCA-1148
2000円
2012年2月1日発売
オーマガトキ


"祈り"を具体化する作業

   未曾有の大災害となった2011年3月11日の東日本大震災。

   あれから1年が経った。

   日本中の誰もが、戦慄し、泣いたあの日から、さまざまな闘いと復興への歩みがはじまっていた。

   昨年4月、波形編集という稀有な音作りで『月の光 ドビュッシー作品集』を発表、このページでも紹介した弘前大学・冨田晃准教授も、すぐに「自分にできることから」と現場に出向くボランティア活動を始める。

   と同時に、それとは異なる形で「なにかをやりたい」と模索し始める。

冨田「地震がおきてすぐにボランティアに出向いた一方で、自分でもなにかはわからなかったけれど、それとは違う形でできることがある、それをやりたいと思った。そして行き着いたのが、敢えて言葉にすれば"祈り"ということだった」

   現地に身体を運ぶボランティアもやるが、それとは異なるアーティスト・表現者としての欲求ということなのかもしれない。

   もう一度書くが、それは"祈り"だったと冨田は言うのだ。

   "祈り"は一般に宗教的行為と受け取られるが、冨田はこう表現する。

冨田「もし自分がクリスチャンとか仏教徒であったならば、それぞれの定型の方法で祈ることができただろう。しかし僕は特定の宗教を持たない。だから自分なりの"祈り方"をつくるしかなかった。それで、自分も祈り、誰でも祈れる方法としての音を作りたかったのかもしれない」

   「人類であれば同じ地平に立てる"祈り方"」を模索したのだという。

   冨田は前回も紹介した通り、写真家でもある。音作りと同じ発露として作品化しているのが、被災地で夜、早朝にマッチを擦って、その小さな火の軌跡を写真にすること。それらの作品をジャケット背面や中面に載せた。

冨田「マッチを擦って写真化するのも、波形編集で音を貼り付けていくのも、同じことをしているような気がする」

   それこそが、まさに冨田にとっての"祈り方"であり、それに共感することが、例えばボクのようにリスナーとして冨田作品と向き合った者の"祈り方"にもなるということなのかもしれない。

心の変遷が選んだ「不屈の民」

   今度のアルバム『いのり』のメインの曲でもある「不屈の民」は、チリのヌエバ・カンシオン(新しい歌)と呼ばれる曲の中でも、中南米ではポピュラーな「革命歌」として知られる。そのタイトルを東北の人々に重ね合わせているのだということは、良く分かるのだが、冨田自身、中南米のホンジュラスで活動していた時期も長く、中南米革命の最前線を生きてきてきた。そうしたこともあっての選曲だったのだろうか?

冨田「その前に、まずそう簡単に『頑張ろう』という気持ちにはなれないということがある。実際、悲しくとてつもなく辛い人々が大勢いる、そんなに簡単に『頑張ろう』とも言えないし、頑張れるわけがない。まず、音楽はいらない。音もいらない。できるだけ刺激の無いほうがいい。
   それが徐々に音なら許せるという思いになり、音楽も許せるようになる。なにも要らないという状態から少し脱却した、そうした人々に寄り添っていけるものが作りたかったのだと思う。
   選曲に関しては、「不屈の民」は「人々は団結し決して負けない」という歌詞を持っている曲。僕は正直、連帯だのということが好きではない、一匹狼タイプ。ただ、今回の出来事に対してだけは、さすがに参った。この曲は、人と繋がりたいという人間の本質的な欲求を感じさせるもので、実はそれがないと人は生きていけない、それが大切だという気になった。そして、この曲がおのずと自分の中に湧き上がってきた」

   ただ「不屈の民」は最後に選曲されたものだという。

冨田「初めはバーバーの「弦楽のためのアダージョ」やラフマニノフの「ヴォカリーズ」、マーラーの「アダージェット」といった追悼曲からつくり始めた。それらは自分自身の思いを反映していたのかもしれないが、曲想としては重い。皆さんに聴いてもらうには、そして、明日にむかって力づよく生きていくにはと、「不屈の民」が出てきた」

   「心の変化としては」と冨田は続けた。

冨田「寄り添うことからはじまって、作品の世界を貫くストーリーが必要とするものとして「不屈の民」があった」

寄り添うことの意味

   一匹狼と冨田は自分自身を評し、ただし、いまはそれではいられないと吐露もした。

   このアルバム作りには、普通なら自分の作品で飾るであろうジャケットやPVに、他のアーティストの作品を使っている。

冨田「結果としてこういうものができた。ジャケットのイラストや、PVとしての動画も自分の1年間の心の動きの中から派生してきている」

   ジャケットのイラストは冨田の同級生、画家の榎俊幸氏の「ナマステハンズ」という作品。榎氏の作品は村上春樹の文庫版「東京奇談集」の表紙にもなっている。PVの動画作品は青森をベースに活動し東北の風景を美しく撮る映像作家・Aomorigonta氏とのコラボ作品だ。

冨田「僕は、音を創ることに集中したということになるかな。ジャンルにこだわらず、音創りに最大の気配りをした。
   どういうことかといえば、波形編集で音を創ることはできるけれど、生の音の方が良いのは当然。ただCDの音の方が良い場合もある。辛い時に人に寄り添えるのは生の演奏ではなく、1枚のCDなのかもしれない。生音を聴くにはどこかに出かけなければならないけれど、CDは聴きたいときにすぐに聴ける。パッケージメディアの価値は、各自の意志で再現できること。生はなにがしかの努力、偶然がなければ出合えない。
   そうしたことを踏まえて、聴く人々に寄り添える音を創りたかった」

   冨田は被災地を演奏ボランティアとしても駆け巡っている。ただしコーディネーターという黒子に徹して、学生など若いメンバーを前面に活動する。「おじさんが行ってもしょうがない」という。それでも実は、自分の立ち位置がないことに、一抹の寂しさも感じていた。

冨田「その中で僕が、被災した皆さんに寄り添えるには、"祈り"をCD化するという方法しかなかったということ。簡単に言えば、僕も学生達と同じように寄り添いたかった」

   冨田は東日本大震災で、人間の本質を突きつけられたという。

冨田「人間が生きる本質は、誰とも違う私がここにいるという感覚と、誰かと繋がりたいという感覚の二つから成り立っている。どちらも本質ではあるけれど、それが大震災を通じて究極的な状況として立ち顕れてきた。プライバシーがなければ苦しいが、誰とも繋がっていないと思えば辛くなる。人間の一番大事なところがハッキリしてくる感じ。
   お金で買えるような物は全部なくなると突きつけられたし、生命すら簡単に失われると思い知らされた。一番大切なものも無くなると分かって、初めて一番大切なものも見えてくる。理屈じゃなく、身体で分かるようになっている」

   冨田 晃の波形編集第2弾作品は「3.11東日本大震災追悼」の意を込めた。

   『いのり』に込められた音の一つ一つに、「祈り」の真音が貼り込まれている。

加藤 晋

【収録曲】
1.不屈の民 PartⅠ
2.弦楽のためのアダージョ
3.不屈の民 PartⅡ
4.ヴォカリーズ
5.不屈の民 PartⅢ
6.交響曲第5番 第4楽章 アダージェット
7.あこがれ/愛 *
(*Bonus Track)

◆加藤 普(かとう・あきら)プロフィール
1949年島根県生まれ。早稲田大学中退。フリーランスのライター・編集者として多くの出版物の創刊・制作に関わる。70~80年代の代表的音楽誌・ロッキンFの創刊メンバー&副編、編集長代行。現在、新星堂フリーペーパー・DROPSのチーフ・ライター&エディター。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中