酷寒のマイナス17度で撮影 「コスプレ」もつらいよ

印刷

   マイナス17度―2月19日、この日は群馬県嬬恋村の「ベルエールの森」では最低気温を記録していた。

「手が冷たくてシャッターを押せない!」

寒さは気合いで吹っ飛ばす!
寒さは気合いで吹っ飛ばす!

   水道管は破裂して、車のオイルまで凍ってしまう酷寒。寒さが最も厳しい早朝6時。雪上からシャッター音と「キャッ、キャッ」という歓声が聞こえてくる。ギョ!手袋なし、半袖のコスプレーヤーもいる。

   「動いていれば寒くない!」「手が冷たくてシャッターを押せない!」。雪の中を歩き回りシャッターチャンスを狙う。浅間山に朝日が上がると、一層激しく動き回る。撮影を終えると一目散にコテージ駆け込み、炬燵(こたつ)に入りストーブで暖を取る。温まると、再び出撃!コスプレーヤーのど根性をここに見た。

   都会で暮らす彼女たちは、普段は寒さに弱い普通の女の子。コスプレーヤーに変身するとなぜ火事場の馬鹿力を発揮できるのか。「良い写真が撮れれば、寒さなんか我慢できる」。この言葉がすべてを物語る。目標に向かう彼女たちの体の中にはアドレナリンが涌き出ていた。

   『コスBON』Fantasyの表紙を飾った人気コスプレーヤーのKANAMEは言った。「風邪は寝れば治るが写真は今しか撮れない」。コスプレ魂!恐るべし!

「まるでハワイみたい!」

   ツアーを終えて東京に帰ったコスプレーヤーには、東京の寒さはまるで夏のように感じられた。

肥留間正明

↑画像をクリックすると拡大します。

【プロフィル】肥留間正明(ひるま・まさあき) 埼玉県生まれ、日本大学法学部卒業。作家、芸能評論家、ジャーナリスト、㈱音羽出版社経営。女性自身(光文社)記者として記者生活のスターと、週刊宝石(光文社)、 FLASH(光文社)創刊を担当、“巨乳”という造語を作る。エンターテイメント、歴史ドキュメントを中心に執筆、出版活動を本格的に開始。〈テレビ出演〉『やじうまワイド』(テレビ朝日)、『アッコにおまかせ』(TBS)、『ワイドスクランブル』(テレビ朝日)ほか。〈著作物〉『勝新 役者バカ一代』(音羽出版)、『がん闘ったスターたち』(テレビ朝日)、『ウオンビン 江原道から』(鹿砦社)、『チャン・ドンゴン~ソウルの空から』(音羽出版) 『オレンジレンジ~コザからのメッセージ』(音羽出版)、『龍馬と海』(上・脱藩編)/『龍馬と海』(下・亀山社中編)その他多数

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中