全員がジャーナリストだ 被災地新聞の「決断と行動」

印刷

【2012年3月11日(日)の各紙から】

   東日本大震災から1年「3・11」の紙面は、各紙とも関連記事でうまった。読書面もほとんど最重点の展開だが、なかでも毎日が「思いを込めて」(「編集部」名のことわり書き)として、3ページすべてにわたる全面特集を組んだ。とりわけ大災害に直面した東北の地方紙・河北新報の動きを追った3冊の案内原稿は生々しい。

真価発揮すべきその日にサーバーが破壊

『河北新報のいちばん長い日』
『河北新報のいちばん長い日』

   世の出来事を読者に伝えることが使命の新聞にとって、大震災は報道の真価を発揮すべき、まさにそのときだ。ところが、仙台を本拠地にする河北新報は、紙面を組むサーバーが大震災で壊れてしまった。『河北新報のいちばん長い日』(文藝春秋、1400円)は、危機渦中の社内と記者一人一人の行動と決断を同紙の記者自身が書いたドキュメンタリー。自らも被災した困難を克服して、同社は震災当日の夜に号外発行にこぎつけた。

   新聞を出しつづけることへの情熱と素早い対応。一方で、津波の惨状にたちすくむ女性記者や、「われわれはみな被災者だ。今は誰かを責めるようなことは絶対にするな」と部下に語りかけたデスクの姿もある。そこに社内の「全員がジャーナリストなのだ」と、評者の湯川豊・京都造形芸術大教授はうなずいている。

惨状の挿話が「山ほど」も

『再び、立ち上がる!』
『再び、立ち上がる!』

   日々の紙面を再構成したのが『再び、立ち上がる!』(筑摩書房、1575円)だ。山間部にある病院の救助に向かった消防団員が、患者避難の最中、がれきの中に男の子の遺体を見つけた。靴にフェルトペンで名前が。しかし、どうすることもできない。小さな体に毛布をかけ、手を合わせた。こうした「挿話が山ほども」載っている。湯川氏は「中央の政治は、人びとの姿を見ているのかいないのか」と問いかける。

   『3・11を超えて』(無明舎出版、1260円)は、河北新報夕刊コラムからの抜粋。励ましと慰めを盛った短文をまとめた。

   朝日も「ニュースの本棚」コーナーを震災1年でまとめ、『河北新報のいちばん長い日』を含めた8冊の書評を詰めこんだ。要点をコンパクトに紹介してはいるが、どれも中途半端なもの足りなさがつきまとう。8冊すべてを、研究者でもない普通の市民が読破するのは大変だ。評者・杉田敦氏の「すでに忘却が進みつつあることをどうとらえるのか」という問題提起を、焦点をしぼって考えるにはどうしたらいいのか。少しでも実生活に即した編集をのぞみたい。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中