その真理は「東洋哲学」が2500年前に通過した場所だッ!異色格闘哲学書第2弾

印刷

   マガジン・マガジンは、『史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち』(飲茶・著、416ページ、1800円)を2012年3月14日発売した。

   人気格闘技漫画「バキ」シリーズの作者・板垣恵介さんがカバーイラストを手がけて話題を呼んだ『史上最強の哲学入門』の続編で、今回は「東洋哲学」をテーマとしている。

前作は高専のテキストにも

『史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち』
『史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち』

   前著で著者・飲茶さんは西洋哲学2500年の歴史を、先人と戦いながら「最強(真理)」を追い求める「知の格闘技の物語」として大胆に再解釈した。その破天荒さとわかりやすさから、高専で授業テキストに採用されたり、台湾で翻訳版が刊行されたりするなど、大きな反響があった。

   これに対して本著では、著者は釈迦・孔子・老子といった東洋哲学者たちを、「我は悟り(真理)を得たり」と宣言してしまう「真理到達を自称した恐るべき強者たち」と位置づける。2500年をかけてなお西洋哲学がたどりつけない「最強(真理)」を、彼らは最初から宣言してしまっているのだ。

東洋哲学「最強」は誰だ!?

   そんな13人の「最強哲学者」たちを、「大乗仏教の最強兵器(リーサルウェポン)」(龍樹)、「儒家のミスターセカン」(孟子)、「脱力最強の大哲学者」(老子)など、「バキ」さながらのキャッチフレーズで紹介する。とっつきにくいと思われがちな東洋哲学の全貌と核心に迫った一冊だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中