2018年 7月 19日 (木)

キーが「浮かび上がる」キーボード!?

印刷

   エレコムは、近未来キーボード「キー投影型Bluetoothキーボード TK-PBL042BK」を、2012年4月上旬に発売する。価格は、2万8875円。

マウス操作も可能

机上に投影されたキーで文字入力が可能(使用イメージ)
机上に投影されたキーで文字入力が可能(使用イメージ)

   投影機とセンサーが一体になった本体から、机上などの平面に赤色光が照射され、キーの形を投影する近未来キーボードで、投影されたキーに直接触れると、センサーが感知して文字入力が可能になる。

   投影するキーボードの明るさと感度は3段階に調整でき、使用中に投影イメージを消去する省電力モードも装備しているほか、「キーボードモード」と「マウスモード」の2モードがあり、マウスモードでは投影されたキーボード上で指先を移動させることで、カーソルを動かすなどのマウス操作が行える。投影型ながら19mmと余裕のキーピッチを採用し、1分間に最大約350文字を認識する。

   Bluetooth 2.0に対応し、iPadやiPhone、iPod touchなどのApple製品で、レシーバーを接続することなくキーボードを使用できるが、Apple製品以外でも、Bluetooth HIDプロファイルに対応したAndroid端末ならレシーバーなしで使用可能だ。

   カラーは、スタンダードなブラックのみ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中