コスプレーヤーとカメコの奇妙な関係!

印刷

   2012年3月3日、東京・大田区で行われた『コスBON スタジオ』には、20組、約60人が集まった。男性の参加者が12人。いつもより多いと首をかしげていたら、1人を除いてカメコ。つまりコスプレーヤーを撮影するカメラマンたちだ。

ギャラなし、交通費も自前

専属のカメコがいれば撮影も落ち着く
専属のカメコがいれば撮影も落ち着く

   今回の撮影会では、半分のコスプレーヤーがカメラマンを同伴している。

   このカメコとカメラマンの関係がお面白い。コスプレーヤーは自分の写真と作品、日時と会場を指定して、コミュニティーサイトでカメコを募集する。カメコも気に入ったコスプレーヤーの撮影を求めて応募する。逆のケースもある。カメコが日時と会場を指定して、撮りたいコスプレーヤーを募集する。

   利害が一致して商談が成立したコスプレーヤーとカメコは、会場に赴き、初めてお互いの顔を見て名刺を交わす。顔見知りではない。専属カメラマンを抱えたコスプレーヤーは一日中、優雅に撮影に没頭する。お互いがお気に入りになれば、連絡を取り合って今後も撮影パートナーになる。

   それではギャラと交通費はどちらが支払うのか。これまでの例をみると、お互いが自前。コスプレーヤーは、お気に入りの写真を手にし、カメコは可愛いコスプレーヤーを撮影して鼻の下を長くすることが出来る。

   これぞ、持ちつ持たれつだ。

肥留間正明

↑画像をクリックすると拡大します。

【プロフィル】肥留間正明(ひるま・まさあき) 埼玉県生まれ、日本大学法学部卒業。作家、芸能評論家、ジャーナリスト、㈱音羽出版社経営。女性自身(光文社)記者として記者生活をスタート、週刊宝石(光文社)、 FLASH(光文社)創刊を担当、“巨乳”という造語を作る。エンターテイメント、歴史ドキュメントを中心に執筆、出版活動を本格的に開始。〈テレビ出演〉『やじうまワイド』(テレビ朝日)、『アッコにおまかせ』(TBS)、『ワイドスクランブル』(テレビ朝日)ほか。〈著作物〉『勝新 役者バカ一代』(音羽出版)、『がん闘ったスターたち』(テレビ朝日)、『ウオンビン 江原道から』(鹿砦社)、『チャン・ドンゴン~ソウルの空から』(音羽出版) 『オレンジレンジ~コザからのメッセージ』(音羽出版)、『龍馬と海』(上・脱藩編)/『龍馬と海』(下・亀山社中編)その他多数

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中