道尾秀介原作、BS日テレ初のオリジナルドラマ「背の眼」31日放送

印刷

   「BS日テレ ドラマ・プレミア 真備庄介霊現象探求所シリーズ『背の眼』」が2012年3月31日よる9時から放送される。

   直木賞作家・道尾秀介さん原作で、主演は渡部篤郎さん。BS日テレとしては初めてのオリジナルドラマだ。

ミステリーとオカルトを融合した本格作

31日よる9時から放送される「背の眼」の一場面 (C)BS日テレ
31日よる9時から放送される「背の眼」の一場面 (C)BS日テレ

   原作は道尾さんのデビュー作で、東北のある村で起こる怪奇現象に、主人公の霊現象探求家・真備庄介が挑むオカルト色を盛り込んだミステリー作品だ。ホラー・サスペンス的な展開の中に、人間の「もろさ」や「あやうさ」、そして「優しさ」を描き、そのドラマ性の高さが高く評価されている。

   渡部さん演じる真備は、死んだ妻に会いたい一心から霊現象の研究を続けるキャラクターで、そのスタンスはあくまで冷静で懐疑的なものとなっている。BS日テレではそんな真備の「家族愛」「科学的な視点での冷静な分析」「的確な行動力」といった特徴を、現代の日本人に必要なものとし、ドラマを通じてどんな苦しみや悲しみに遭っても、最後には「人としての尊い心」に行き着くことを描きたい、としている。

   渡部さんのほか、成海璃子さん、平山浩行さんらが出演する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中