「小室哲哉」の元マネジャーとコスプレの関係

印刷

   東京・渋谷区の明治通り沿いに200人収容の「ライブゲート」というライブハウスがある。オーナーの岡庭さんは、ミュージシャン・小室哲哉の元マネジャー。「アニメ関係の音楽が非常に増えている。このライブハウスをサブカルチャーの聖地にしたい」と、アニメを含めたコスプレイベントのために、ライブハウスを開放する。

ライブハウスで本物の撮影を体現

撮影場所は重要です
撮影場所は重要です

   最近の音楽界は、不法なダウンロードが横行して音楽著作権が確保できない。音楽業界は出版業界以上の不況らしく、ライブハウス界では値下げ戦争が行われている。そこで目を付けたのがコスプレ。「ボーカロイド」「けいおん!」「うたの☆プリンスさまっ♪」などのアニメが大ブレイクしているのに注目して、これらのサブカルチャーに注目する。

   逆にコスプレーヤーにとっても渡りに船。体育館など都内のコスプレ会場に辟易していたコスプレーヤーは、本物のライブで撮影を希望する。スポットライトを浴び、スピーカー、アンプからガンガンと本当の音が出る。DJがいてカメラマンがシャッターを切る。本物のライブハウスで本格的な撮影を体現できる。そんなライブハウスを提供しようというわけだ。

   もし実現すれば、うたプリのコスプレスターが誕生!?しかし問題も…。「ステージで最低30分は撮影時間がほしい。本物を撮るためには、時間が必要」というのだが、一組30分をいかにして確保するか。ライブハウスの苦悩は絶えない。

肥留間正明

↑画像をクリックすると拡大します。

【プロフィル】肥留間正明(ひるま・まさあき) 埼玉県生まれ、日本大学法学部卒業。作家、芸能評論家、ジャーナリスト、㈱音羽出版社経営。女性自身(光文社)記者として記者生活のスターと、週刊宝石(光文社)、 FLASH(光文社)創刊を担当、“巨乳”という造語を作る。エンターテイメント、歴史ドキュメントを中心に執筆、出版活動を本格的に開始。〈テレビ出演〉『やじうまワイド』(テレビ朝日)、『アッコにおまかせ』(TBS)、『ワイドスクランブル』(テレビ朝日)ほか。〈著作物〉『勝新 役者バカ一代』(音羽出版)、『がん闘ったスターたち』(テレビ朝日)、『ウオンビン 江原道から』(鹿砦社)、『チャン・ドンゴン~ソウルの空から』(音羽出版) 『オレンジレンジ~コザからのメッセージ』(音羽出版)、『龍馬と海』(上・脱藩編)/『龍馬と海』(下・亀山社中編)その他多数

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中