【バンコク発】ワタシ、入学してみました 「タイの東大」タイ語コース

印刷

   バンコクは、日本語だけでも暮らせてしまうほど便利な街です。日本企業が多く進出しているため、日本食レストランや日系スーパーも多く、日本人が多く暮らすエリア(トンローやプロンポンなど)では、ここは日本!? と感じるほど、多くの日本人とすれ違います。

   そんな便利な場所で暮らしていると、タイ語も意識しないと覚えません…。実は私もそんな一人。このへんで真面目にタイ語を勉強してみたい。と思いたち、チュラロンコーン大学のタイ語コースに入学しました。

チュラロンコーン大学ってどんなところ?

建築家エドワード・ヒーリー設計による大学最初の校舎。この向かい側にタイ語を学ぶ校舎が建てられている
建築家エドワード・ヒーリー設計による大学最初の校舎。この向かい側にタイ語を学ぶ校舎が建てられている タイ語を学ぶ校舎には、国民に大人気のシリントーン王女(王族として初めて国内の大学で学んだ)の写真が華々しく飾られている
タイ語を学ぶ校舎には、国民に大人気のシリントーン王女(王族として初めて国内の大学で学んだ)の写真が華々しく飾られている

   チュラロンコーン大学と言えば、タイで一番権威のある名門校。チュラロンコーン王=ラマ5世が設立した、タイで最古の大学でもあります。通常タイ語で大学を言う場合、大学ナントカとなるのですが、チュラロンコーン大学だけは、先に大学名がきます。ラマ5世の名前を後にするとはけしからん! ということだそうです。

   バンコクでは、本当に多くの語学学校があり、日本語でタイ語を学ぶことができます。また、大学が設けている外国人向けのコースとしては、チュラロンコーン大学のほか、タマサート大学やシーナカリン・ウィロート大学などがあります。正規の学生ではなくタイ語コースの学生ということになるので、入学金を払えば誰でも入学できますが、スタート時期が決まっており、授業料も語学学校よりも高め(チュラロンコーン大学の場合、1ターム/100時間2万5000バーツ)に設定されています。

   それなのにどうしてこの大学を選んだかといえば、タイの大学生活を覗いてみたい。という好奇心から。形から入るのも時には重要です。

市場に学校ショップ、チュラロンコーン大学の活用法

金曜日は駐車場に市場が出現! 様々なショップが並ぶ
金曜日は駐車場に市場が出現! 様々なショップが並ぶ これが、チュラ大の制服の基本型。みんな自由に着こなしている
これが、チュラ大の制服の基本型。みんな自由に着こなしている

   チュラロンコーン大学は、バンコクの渋谷とも称されるサイアム駅に位置する最高のロケーションです。サイアム駅のリドシネマ前からピンクのスクールバス(無料)が出ています。

   予定が合えば、金曜日に出かけるのがお勧め。毎週毎週金曜日は、大学の駐車場が市場に変わります。フルーツ、衣服、アクセサリーなど、お店の内容は、他の市場とそれほど変わりませんが、市場の雰囲気のほか、大学の雰囲気も楽しめます。

   買い物のあとは、学食でランチを。1皿30バーツほどで味もなかなか。手軽に食べられるほか、まわりは全員チュラ大生。ちょっと懐かしいな~。って思えるはずです。

   また、帰る前に立ち寄りたいのが、大学ショップ。チュラ大のネーム入りのノートやトートバッグなどの大学ネーム入りの商品が揃うので、ちょっとしたお土産にいかがでしょうか?

   タイの大学生を垣間見るのも楽しいですよ。

美濃羽佐智子

【プロフィル】
美濃羽佐智子(みのわ・さちこ)
出版社の編集を経てフリーの編集・ライターに。旅・フード・ファッションをフィールドに活動。現在はタイと日本を往復しながら、タイの面白いこと、美味しいことをさまざまなメディアに寄稿中。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中