「卒業」前田敦子、AKB新聞で明かしていた「揺れる思い」

印刷
「月刊AKB48グループ新聞」(画像は1月号)
「月刊AKB48グループ新聞」(画像は1月号)
日刊スポーツ新聞社

   前田敦子さんが2012年3月25日夜、AKB48からの卒業を発表した。その詳しい心中は明らかでないが、日刊スポーツ新聞社が発行している「月刊AKB48グループ新聞」1月号(1月20日発売)に掲載された高橋みなみさんとの「独占対談」では、

「AKB48の活動の第一線は退く形でも、グループに所属し続ける方法もあるかな」

と話すなど、以前から「卒業」を意識していたフシもある。

   「月刊AKB48グループ新聞」では最新3月号でも、大島優子さんと東日本大震災に派遣された元ハイパーレスキュー隊隊長の対談、被災地出身のメンバー・岩田華怜さんの帰郷など、AKB48と関連グループについてのオリジナルコンテンツを多く掲載している。光宗薫さんなど新進メンバーも多く取り上げており、「ポスト前田」を占う上でも、一度は目を通しておきたい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中