両親は麻薬中毒、ホームレス美女が「ハーバード」に入るまで

印刷

   阪急コミュニケーションズは2012年2月17日に新刊本『ブレイキング・ナイト ホームレスだった私がハーバードに入るまで』(著リズ・マレー、訳・大城光子)を発売した。

全米のメディアが報じ話題を呼ぶ

『ブレイキング・ナイト ホームレスだった私がハーバードに入るまで』
『ブレイキング・ナイト ホームレスだった私がハーバードに入るまで』

   幼いころからの貧困生活、両親は麻薬中毒、そして、いじめにも遭い、家庭は崩壊し、著者は15歳で「ホームレス」になった。

   そんな「彼女」が、名門ハーバード大学に入学するまでの感動ストーリーを綴った同書「原題『Breaking Night』」は全米のメディアが報じ、話題を呼んだ。日本でもテレビ朝日系「トリハダ」で紹介され、反響を巻き起こしている。

   もともと頭がよかったでは片付けられない。前向きに生きることをあきらめず、努力を続けた結果論として書籍化が実現したのだろう。著者は、エピローグにこう記している。

「2009年に卒業するまで、ハーバードで過ごした数年間に実に多くの体験をし、人間の精神の強靭(きょうじん)さについて、また、社会的にどんな立場にある人も必ず逆境にぶつかり、それを乗り越えなければならないという真理について学んだ」

   本書は456ページに及ぶ長編だが、1人の稀有(けう)な人生を理解しようというには、まだ、ページが足りないかもしれない。日本でも、人生に絶望感を抱いている若者は少なくないと思うが、リズ・マレーさんの歩みを知れば、光は見出せるのではないだろうか。

   ちなみに、リズ・マレーさんは現在、ニューヨークに在住。マニュフェスト・リビング社を設立し、ディレクターとして、人々が人生を変革し、目標を達成するための支援を行い、世界中でワークショップや講演活動を行っているという。

   定価2310円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中