【ご当地グルメ食べまくり】国産素材、自社生産の信州こだわりジャム

印刷

   トーストにのせたり、ヨーグルトのソースにしたりと、朝の食卓に欠かせないジャム。日常的な食品だけれど、たまにはこだわりの「ご当地」ジャムを取り寄せてみるのもいいかもしれない。

マルメロ、ホオズキ、八重桜ジャムも

信州産はじめ国産果物が原料(写真の容器はSサイズ)
信州産はじめ国産果物が原料(写真の容器はSサイズ)

   ジャムも国内外のブランドがさまざまあって、こだわりだすとキリがないが、ジャムにこだわるときには忘れられないのが、長野・軽井沢の「沢屋」のジャム。地元の信州産をはじめとして、国産の旬の素材と国産グラニュー糖だけを使い、すべて軽井沢の直営自社工場での手作りで、50年以上続いているというお店だ。日経新聞の「何でもランキング」の「朝食におすすめのジャム」で、海外有名ブランドのジャムを抑えて1位に輝いたこともある。

   現在は楽天市場とぐるなび食市場でネット通販を行っていて、簡単に取り寄せられる。何十もの種類(季節や年によって品切れのものもあるようだ)があり、サイズもS(125グラム)からL(1000グラム)まで4種類から選べるのが楽しくも悩ましい。

   人気があるのは、やはり定番のイチゴやブルーベリーのジャムだそうだが、ルバーブ、マルメロ、さるなし、ホオズキ、八重桜など、めずらしいジャムにも興味をひかれる。地元の信州で獲れた果実を使用したとうたわれていると、それも興趣がある。今回はそんな信州産原料のなかから、「あんずジャム」(Rサイズ、270グラム683円)、「紅玉リンゴジャム」(同788円)「プルーンジャム」(同788円)をチョイスしてみた。なお送料は全国一律600円となっている。

果肉の歯ごたえ、甘さじわじわと

   素朴なデザインの瓶から、ジャムをすくってみると、紫がかったプルーン、桃色のリンゴ、橙色のあんずと、どれも目に鮮やか。材料と砂糖だけで作っているというので、水気が多く、ゆるすぎやしないかと思ったりもしたが、まったく思い過ごしだった。トーストにのせてみれば、ちょうどよいあんばいに、ふわりとたたずんでいる姿が食欲をそそる。

   食べれば、果肉の歯ごたえや、繊細な酸味が感じられ、それからじわじわと甘さが広がる。後口は、あくでもさわやか。たしかに新聞のランキングの言う通り、いまひとつ気分の乗らない朝でも、少しフレッシュで前向きな気分になれそうなジャムだった。


商品名:沢屋ジャム「あんずジャム」「紅玉リンゴジャム」「プルーンジャム」

製造:沢屋

サイズ:R(270グラム)

価格:あんずジャム・683円、紅玉リンゴジャム・788円、プルーンジャム・788円(いずれも送料別)

※サイズやジャムの種類によって料金は異なります。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中