【ご当地グルメ食べまくり】富山の「ますずし」は店ごとに違う味

印刷

   食い意地が張っているせいか、花を見ても食べ物のことを考えてしまうたちだ。サクラ咲くこの季節なら、サクラ色の鱒(ます)のすしが思い浮かんできて困ってしまうといった具合。

時の将軍、徳川吉宗も絶賛

ほんのり桜色の鱒がおいしそう
ほんのり桜色の鱒がおいしそう

   ご存知、「ますずし」は酢飯の上に酢で締めた鱒の切り身をのせて、重石をかけてつくる押し寿司。じつは古い歴史があるそうで、享保年間に富山藩士が考案したという。市内を流れる神通川の鱒と富山産の米で、これが評判を呼び、時の徳川将軍・吉宗も激賞したと伝えられているとか。

   いまでは富山を代表する名物料理となり、富山市内には多くの専門店があるそうだ。遠方では、一部のお店のものを駅弁大会などで目にするぐらいだが、東京・有楽町の東京交通会館にある富山県のアンテナショップ「いきいき富山館」では、地元ならではの珍しいお店も含めて、各種取り扱っている。

   毎日、日替わりで2店以上、全部で17店(4月2日時点)のますずしを販売。価格は一部を除いて1301円。1店あたり10個の入荷ということで、確実に買いたい場合は、電話で取り置きを頼むことも可能だ。

富山湾や近海で取れた新鮮な鱒

   さて、ではどのお店のますずしを選ぶべきか。どれもそんなに変わらないんじゃ――と思ってはいけない。酢の強さや、塩気、「押し」具合、鱒の脂のり――味の違いは厳として存在するのだ。各店の特徴については、富山館のウェブサイトでも紹介されている。今回、購入した今井商店のものは「薄味で控えめな風味」ということだ。

   押さえの竹を外し、わっぱを開ければ、笹の葉に包まれたますずしが現れる。ほんのりと桜色に色づいた鱒と、笹の緑のコントラストが美しい。鱒は富山湾や近海で取れた新鮮な鱒だという。たしかに塩気や酢は奥ゆかしく感じられ、その分しっとりと締まった鱒の身の感触と風味が楽しめた。


商品名:「ますのすし」

製造:今井商店

サイズ:1重(1人前)

価格:1300円

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中