没後50年、「室生犀星文学賞」に砺波市の南綾子さん

印刷

   詩人・小説家の室生犀星(1889~1962)没後50年を記念して創設された「第1回室生犀星文学賞」(主催・読売新聞北陸支社)の表彰式が2012年3月26日、犀星が幼少期を過ごした石川県金沢市の雨宝院で行われた。

   未発表の短編小説・随筆が対象で、国内外から925編の応募があった。作家の辻井喬さん、加賀乙彦さん、犀星の孫で室生犀星記念館名誉館長の室生洲々子さんが選考委員を務め、受賞作には砺波市の南綾子さん(72)の小説「二日月(ふつかづき)」が選ばれた。

   犀星の命日でもある26日に開かれた表彰式では、南さんに正賞として九谷焼の文鎮、副賞として50万円が贈られた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中