2018年 7月 22日 (日)

8月末生産終了のダイハツ「コペン」、最後の特別仕様車

印刷

   ダイハツ工業は、2002年6月発売の軽オープン・スポーツカー「コペン」が2012年8月末で生産を終了するのにともなって、特別仕様車「10th アニバーサリーエディション」を、2012年4月2日に全国発売した。

充実した特別感、プレミアム感

コペン 10th アニバーサリーエディション 2WD
コペン 10th アニバーサリーエディション 2WD

   「ACTIVE TOP COMPACT OPEN」をコンセプトに、誰もが気軽に楽しめる本格的オープン・スポーツカーとして誕生した「コペン」は、軽唯一の電動開閉式ルーフの採用や、「持つ喜び」を感じる個性的なデザインなどが特長で、現在までに累計で5万6000台を超える販売を記録している。

   今回発売する「10th アニバーサリーエディション」は、従来のアクティブトップをベースに、アルミスカッフプレートカバー(10thアニバーサリーロゴ、シリアルナンバー付き)を特別装備しているほか、アルティメットエディションSに設定されているブラックメッキフロントグリルや本革製スポーツシート(ブラック<レッドステッチ>)を採用するなど、特別感、プレミアム感をあわせ持ちつつも、お買い得感のある特別仕様車になっている。

   メーカー希望小売価格は、5MTが182万円、4ATが180万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中