佐賀市に「シシリアン王国」建国 市長が国王に

印刷

   ご当地グルメ「シシリアンライス」の盛り上げをはかり2008年に4月4日を「シシ」とのごろあわせから「シシリアンライスの日」と定めた佐賀市だが、この制定から4周年となる2012年4月4日、同市役所内で秀島敏行市長が「初代国王」に奉じられ、「シシリアン王国」の建国を宣言した。

   シシリアンライスは佐賀市内の喫茶店などで提供されている料理で、1枚のプレート皿にあたたかいライスを敷き、その上に炒めた肉と生野菜を盛り合わせマヨネーズをかけたものが基本となるが、店によりさまざまなアレンジがある。佐賀市はこの料理を全国区のB級グルメにするべく、北九州市・小倉で開催(2012年10月下旬予定)される「第7回 B級ご当地グルメの祭典 B-1グランプリin北九州」への出場を目指している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中