2018年 7月 19日 (木)

129年ぶり「金環食」記念、ブライダルリングでプロポーズ

印刷

   創業120周年を迎えた貴金属ジュエリーの老舗GINZA TANAKAは、2012年の金環食を記念したブライダルジュエリー「バーグソレール」3種(エンゲージリング、レディスマリッジリング、メンズマリッジリング)を、2012年4月7日にブライダル専門ブランド「GINZA TANAKA BRIDAL」から発売する。

   価格は、エンゲージリングが28万円、レディスマリッジリングが8万円、メンズマリッジリングが9万円。

「太陽のリング」を意味する「バーグソレール」

エンゲージリング
エンゲージリング

   2012年5月21日に九州地方南部、四国地方南部、近畿地方南部、中部地方南部、関東地方など広範囲で観測できるといわれている、月と太陽が重なり、光がリング状に見える現象「金環食」。日本列島の広範囲で見られるのは129年ぶりとなるが、金環食の様子は、エンゲージリングのような輝きに見えることから、プロポーズの機会としても知られている。

   今回GINZA TANAKAは、2012年の金環食に合わせて、K18 イエローゴールドのエンゲージリング、マリッジリング(レディス/メンズ)を製作し、フランス語で「太陽のリング」を意味する「バーグソレール」と名付けた。金環食をテーマにしたエンゲージリングは、定番かつ人気の高い一粒ダイヤのソリティアタイプで、丸みを帯びた爪をダイヤモンドの左右に3本ずつ配し、アンティーク風に仕上げ、マリッジリングと重ね付けができるデザインになっている。

一粒のメレダイヤをあしらったレディスマリッジリング

左からレディスマリッジリング、メンズマリッジリング
左からレディスマリッジリング、メンズマリッジリング

   レディスマリッジリングは、表面はマットな質感に、サイドには鏡面仕上げを施し、一粒のメレダイヤをあしらった。金の輪の中にダイヤが一点の光にようにきらめき、金環食を想起させる、ロマンチックなデザインだ。メンズマリッジリングもレディス同様、ゴールドのマットな質感と鏡面の輝きが楽しめる、飽きのこないシンプルなデザインのリングだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中