フルハイビジョンの約4倍、ソニーが超高解像度の家庭向けTV開発を表明

印刷

   ソニーは2012年4月5日に行われた業務用放送機器の発表会において、家庭用としてフルハイビジョン(HD)の約4倍の解像度を持ち、「4K」と呼ばれる高精細映像を映し出せるテレビを開発中であることを認めた。

   「4K」テレビは東芝が2011年12月に発売しているが、ソニーは同社が業務用ですでに高いシェアを誇る4Kプロジェクターの技術や、放送局などで利用される4Kシステムのノウハウを生かしていく。発売時期・価格などは明らかにされていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中