映画「ハムナプトラ」がテーマの最恐アトラクション、USJに期間限定登場

印刷

   ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、ゴールデンウィーク初日の2012年4月28日~7月8日までの火・水曜を除く52日間、ユニバーサル映画100周年特別企画の期間限定アトラクション「ザ・マミー・ミュージアム~ハムナプトラ 神々の呪い~」をオープンする。

遺跡都市に迷い込んだような臨場感

イメージ画像
イメージ画像

   100年の歴史と伝統を誇るユニバーサル映画の世界を、特殊メイクをはじめとする最高のSFX技術とサウンドシステム、さらには目を疑うほどリアルなミイラなどのコスチューム、セット、小道具にこだわってゲストに提供する。そんな本場ハリウッド・クオリティーを繰り広げた世界にいるからこそ感じられる、最高の恐怖体験アトラクションが「ザ・マミー・ミュージアム~ハムナプトラ 神々の呪い~」だ。

   持ち前の技術を、1999年に公開されたハリウッド映画「ハムナプトラ」(原題「The Mummy」)のシリーズ作品の壮大な世界と融合させ、まるでエジプトの砂漠に埋もれた遺跡都市に迷い込んだような臨場感を加えているので、心臓が飛び出すほどの恐怖と興奮を体験できる。

   突然謎の閉館を迎えた博物館に入る、というストーリーで、ゲストは「イムホテップの館」「アヌビスの復活」という異なる2ルートのいずれかを選択してアトラクションを楽しむ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中