2022年 7月 3日 (日)

BABYMETAL「アイドル横丁祭」参戦 爆音パフォーマンスで熱狂の渦に

イルカ・クジラが描く虹をモチーフにした"G-SHOCK"&"BABY-G"

SU-METAL「神が降臨したステージだった」

左からYUIMETAL、SU-METAL、MOAMETALの3人。
左からYUIMETAL、SU-METAL、MOAMETALの3人。

   そのままMCもなく突っ走り、最後には、まだ正式に音源化されていない「イジメ、ダメ、ゼッタイ!」を披露。こちらはドラマチックなメロディック・スピードメタルだ。ステージではYUIMETAL、MOAMETALが所狭しに駆けまわる。サビではSU-METALが「イジメ、ダメ!」と何度もシャウトしていた。

   曲が終わると、「SU-METAL Death!」「YUIMETAL Death!」「MOAMETAL Death!」「私たち、BABYMETAL Death!See You!」と挨拶し、さっそうとステージを後にした。

   今回は3曲だけだったが、「爆音メタルアイドル」という強い独自コンセプトとフックの効いた楽曲で、初見の観客も巻き込んで会場を目一杯沸かせたBABYMETAL。前回、1月のイベント「WOMEN'S POWER」でもそうだったが、アウェーにかなり強いアイドルと言えるだろう。

   ライブ終了後、J-CASTニュースの取材に対し、メンバーは

「大きいステージだったので、途中から神様が降臨して、爆発することができました!『イジメ、ダメ』では、サビでお客さんが一緒に叫んでくれて凄い気持よかったです」(SU-METAL)
「後ろの方のお客さんまで、私たちの『キツネさんサイン』で暖かく迎えてくれて嬉しかったです。イメージカラーの赤いサイリウムもいっぱいで、会場が一つになったみたいで感激しました」(YUIMETAL)
「昨日の夜は緊張して眠れないほどでしたが、お客さんが盛り上がってくれてとてもよかったです。BABYMETALはかっこ良くキメるために笑っちゃいけないのに、途中から楽しくってニヤニヤしちゃいました。他の大好きなアイドルの方たちとも共演できて夢みたいでした!」(MOAMETAL)

とコメントしていた。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!