ソフトバンク純増過去最高 Wi-Fi、料金努力後押し

印刷

   電気通信事業者協会は2012年3月の携帯電話・PHS契約数を4月6日に発表した。それによると、各社とも純増するなかで、ソフトバンクモバイルは、60万3000件の純増と3か月連続で首位となり、1か月の純増数としては過去最高だった。

   年度でみると、ソフトバンクが354万300件と2年連続で首位、2位はNTTドコモで211万9700件。KDDIは3位にとどまったものの、iPhone4Sの発売などにより211万100件とNTTドコモに肉薄する勢いで、実際3月でみるとKDDIの純増数(43万7300件)はNTTドコモ(25万2700件)を上回る。

   また、携帯事業者を変更しても同じ電話番号を使う「番号持ち運び制度」では、年度でソフトバンクが53万件、KDDIが27万件とそれぞれ転入超過。ムーバを終了したことなどにより、NTTドコモは80万件の大幅な転出超過となった。

   それぞれの要因をみてみると、ソフトバンクの好調については「iPhone4S」に加え、「新しいiPad」が寄与していることは否めないが、Wi-Fiスポットの積極的な設置(2012年3月1日時点で24万スポット)、料金プランを他社より安くなるように設定変更するなどといった細やかな努力が実った形だ。その他900メガヘルツ帯を獲得するなど、これまで電波が届きにくいとされてきた声にも対応できる体制を着々と整えており、勢いに乗っていることは間違いない。

   2011年からiPhoneの販売に参入したKDDIは、国際SMS、MMS、iMessage、Facetime、ビジュアルボイスメール、国際ローミング時における事業者選択機能といった機能面の多数の不備で苦戦したものの、公式サイト(http://www.au.kddi.com/iphone/versionup.html)で3月末には改善を終わらせると発表。その後公衆無線LANサービスのスポット数を10万に増やすなど、努力している姿勢がうかがえる。

   ドコモは3月末で第2世代(2G)の携帯電話サービス「ムーバ」が終了したことが大きく影響。これにより、スマートフォンへの乗り換えがさらに加速するという見方もあり、2012年度は3社ともスマートフォン商戦がますます活発になりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中