2018年 7月 19日 (木)

「雪舟」か「北斎」か 週末は日本美術三昧

印刷
国宝 四季山水図(山水長巻)[部分]雪舟等楊筆 一巻 文明18年(1486)毛利博物館蔵
国宝 四季山水図(山水長巻)[部分]雪舟等楊筆 一巻 文明18年(1486)毛利博物館蔵

   三井記念美術館(東京・日本橋)では、2012年4月14日から、葛飾北斎生誕250周年を記念して「北斎展」が行われる。ホノルル美術館(アメリカ)所蔵の1万点もの浮世絵コレクションから、葛飾北斎作品のみを厳選したもので、ホノルル美術館としては館外で初めての北斎展となる。代表作「富嶽三十六景」をはじめ、初公開の肉筆画2点を含む160余点を展示する予定で、デビューから最晩年までの北斎の画業を概観できる。

   また、サントリー美術館(東京・六本木)では同日から、「毛利家の至宝展」が行われる。毛利博物館(山口・防府市)の特別協力のもと、室町時代の水墨画の巨匠・雪舟等楊(せっしゅうとうよう)が描いた国宝「四季山水図」(山水長巻)の全長を東京圏では10年ぶりに一挙公開するほか、毛利家ゆかりの絵画・工芸の名品を展示する。

   会期・入館料などの詳細については、各美術館ホームページまで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中