個人でも投稿動画に広告付加が可能に 「YouTube」規約変更

印刷

   YouTubeは4月12日(現地時間)、規約を変更し、日本を含む20か国で、YouTubeにビデオを投稿する人は「コミュニティルール」を守れば誰でも「YouTubeパートナー」になる資格を得られることを発表した。

   これにより、投稿者は動画に広告を出すことで収益を得られるようになる。「YouTubeパートナー」はこれまで審査制をとっており、企業やアクセス数の多い限られたアカウントにしか認められていなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中