2018年 7月 19日 (木)

個人でも投稿動画に広告付加が可能に 「YouTube」規約変更

印刷

   YouTubeは4月12日(現地時間)、規約を変更し、日本を含む20か国で、YouTubeにビデオを投稿する人は「コミュニティルール」を守れば誰でも「YouTubeパートナー」になる資格を得られることを発表した。

   これにより、投稿者は動画に広告を出すことで収益を得られるようになる。「YouTubeパートナー」はこれまで審査制をとっており、企業やアクセス数の多い限られたアカウントにしか認められていなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中