第4回伊丹十三賞に森本千恵さん

印刷

   ITM伊丹記念財団は、2012年3月21日、ホームページ上で、第4回の伊丹十三賞の受賞者が森本千恵さんに決まったと発表した。

   授賞理由は「子どもから大人まで、わかりやすく楽しく、こころの奥にまで届く独自の世界観と、ジャンルを問わない作品の可能性にたいして」とのこと。

   伊丹十三賞は、伊丹十三が才能を発揮した分野(エッセイ、ノンフィクション、翻訳、編集、料理、映画、テレビ番組、CM、俳優、イラストレーション、デザインなど)において優秀な実績をあげた人に贈られる賞で、贈賞年の前年1月1日から12月31日までの期間に発表された作品などの業績を対象とする。選考委員は、周防正行さん、中村好文さん、平松洋子さんら。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中