ルフトハンザ、全クラスに無線LAN接続サービス

印刷

   ルフトハンザ ドイツ航空は、2012年3月26日から、日本路線の一部で全座席クラスを対象に、機内ブロードバンドインターネット接続サービス「FlyNet」を提供している。

   年内をめどに、エアバスA380型機を除いたすべての機材に「FlyNet」設備を搭載する予定だという。接続サービスはドイツテレコムの提供で、クレジットカード、Miles & Moreのマイル、またはドイツテレコムのローミングパートナー経由で支払う。料金は1時間10.95ユーロまたは3500マイル、あるいは、24時間使い放題のプランで19.95ユーロまたは7000 マイル。なお、機内でのインターネット経由での電話での通話は禁止となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中